実例のご紹介 風水設計レポート 平田ペインクリニックができるまで

糟屋郡粕屋町長者原にある平田ペインクリニック
麻酔科・漢方内科のクリニックです。
東洋医学である漢方専門医の院長先生は、お父様の代から引き継いでいた病院を
建て替える計画を進めていました。

ブランクマップの風水教室に通われていた先生の奥様のおすすめもあり、
せっかくの建替えなら 東洋の建築である「風水」を取り入れたいと
風水設計のご相談にいらしたのがはじまりです。

地元の工務店さんに設計施工をお願いしてらっしゃいましたが
空間構成や見積書査定の「セカンドオピニオン」として
サンカクスケールがご協力させていただき
20年後を見据えた平面プランとランニングコストを
ご提案させていただくこととなりました。

東洋的建築の風水、
病院の動線や機能を重視した西洋的な設計を 上手く組み合わせた、
実例の おはなしです。

土地質と周辺環境

土地質と周辺環境

風水設計は、土地と周辺環境を見極めることから始めます。
土地は、その土地質やその地の歴史をみて、 周辺環境では山や川、自然の環境や風の流れを現地で感じて判断することが重要です。
(土地の購入で悩まれている方は、一度ご相談ください。)

こちらの物件は、既に土地を決めていらっしゃいましたが 
改めて、土地質の鑑定と周辺環境のチェックを行い、この敷地にとって難が訪れない建物の配置にしようと考えました。

風水の方位作用 と 院長先生の運命 風水の方位作用と院長先生の運命
プランに入る前に、
風水の方位作用として
旧医院と建替える敷地の方位と時期を確認します。
そして、建物主である院長先生がどういう運命にあるか、ご本人の鑑定を紫微斗数で行い、土地の購入に適している時期なのか、土地を触ってもよい年なのかを鑑定します。


本命卦 乾

院長先生の場合、
本命卦は西本命の「乾(ケン)」。
方位・時期・運命など全てを加味して
プランを作成していきます。

本命卦が乾の場合は
西が最大吉の方向、東北も大吉でGood!

敷地の入口や、患者様用の駐車スペースの確保、お隣とのプライバシーの関係を考慮して、玄関の向きを決め、建物の宅向は「離宅」にしました。
患者様が心地いいと感じれるように、そして 先生が集中して診療に至れることを主眼に、院長先生に難がいかないようにプランを考えました。


当初の平面プラン
風水 設計

風水師井上と一級建築士村上第1案目のプランは、正方形に整い、
病院のスタッフ動線も非常に良かったが、
西北が庭になっており宅が欠けている。
光が室内に取り込まれて良いのだが
西北の「乾」は八卦で天を意味し、それは、
建物の主を意味する。西北が欠けると 院長先生に難が降りかかる恐れがあるため設計の村上と、風水の井上がプランについて語り合い、最終的なプランはこのようになりました!↓


 ←風水鑑定図

日中の営業時間は、 照明に頼らず、自然光を取り込んで患者様方がくつろげる雰囲気にするため、北側上部からの天空光が待合室に入るように上部にハイサイドライを設置。キラキラと光が溢れる待合室を設計している。
アトリエサンカクスケールの考える心地いい病院とは、
病を抱えた方が処置室に入った時、 心地いい場所だ、気持ちが楽になれると感じられることが重要と思っている。
吉方に処置室を配置し、診察室も院長先生にとって良い場所を選び、
机の配置にも考慮している。断面イメージ
    ↑断面構成


土地を清める土地質と周辺環境 風水

工事を行う前に、土地質を整え、周辺からの悪い影響を取り払うための土地の浄化を行います。
この「玉埋めの儀」が風水設計で一番重要です。
建物でも、土台がしっかりとしているものと、そうでないものの差は明らか。
樹木でも、葉っぱが綺麗であっても根がしっかりしていなければ短い命となります。
ベースがしっかりしていることが良いとされる本来の風水を施すことが井上の風水流儀です。
上の写真の 5つの水晶を、風水的に良い
吉運寸法の5色の袋に入れて五方位の地中に埋めて土地の浄化を行います。


建物を創る

着工から完成するまで、工程の中には様々なチェック項目があり、監理するのが設計士の役割です。工事期間も院長先生と打合せを重ねながら、医療機器の話や家具の打合せを行い、施工の担当者とも綿密に話し合い安全で安心な建物を創ります。
着工・上棟・引渡しの日取りは吉日を選び、平田ペインクリニックの繁栄を招き入れます。

基礎の配鉄検査
現場で院長先生と打合せ
内装工事
外装工事
外装の仕上げ
内装の仕上げ工事
竣工




完成 引き渡し

着工・上棟・引渡しの日取りは吉日を選び、無事平田クリニックをお客様のもとへお渡ししました。 風水では目に見えない作用である選日や方位も大事な要素となります。目に見えるものだけでなく、見えないものとのバランスを取ることが風水の極意です。
また、風水を取り入れた建築においても、私たちはデザイン性と機能性を忘れることなく、クリニックで働かれる皆様にとっても、訪れる患者様にとっても、
快適で気持ちの良い空間を目指して作りました。
院長先生の患者様へ対するあたたかい想いが溢れる建物となりました。

平田ペインクリニックの末永い繁栄を願っております。

 →完成した写真を見る  →サンスケの仕事を見る →お問い合わせ

風水設計や、風水を取り入れたリーフォームも承ります。
また、設計に関わる皆様からのお問い合わせも
多数いただいており、ご相談に応じております。
風水設計のご相談やご質問は
こちらよりお問い合わせください。


平田ペインクリニック
麻酔科・漢方内科。
東洋医学専門医 、 東洋医学会福岡県部会会長 平田道彦先生のクリニック。
痛みの緩和・漢方治療に関する相談受付けます

〒811-2311
福岡県糟屋郡粕屋町長者原380-1  map
お電話:
092-938-1515
ホームページ:
http://www.e-tao-hirata.net/
アトリエサンカクスケール株式会社
設計 :村上 明生
風水設計、風水リフォームや、
医院やオフィスの風水設計も承ります。


 
〒818-0072
筑紫野市二日市中央6-3-6 サンスケテラス1F map
お電話:
092-555-3800
ホームページ:
http://www.a-sansuke.com/